So-net無料ブログ作成
検索選択

忙し過ぎて入院続出の中堅芸人

 お笑いコンビ・チュートリアルの福田充徳(35)が急性すい炎のため現在入院中だが、昨年以来すい炎で入院した芸人は次長課長・河本準一、中川家・剛がいる。また、ナインティナインの岡村隆史やダウンタウン・松本人志も昨年入院した芸人だ。一体なぜ、こうも芸人の入院が続くのか。

 若手お笑い芸人Aは語る。「最近はテレビ番組でグルメロケが本当に多いです。文字通り『暴飲暴食』をするわけです。それがひとつの影響だと思われます。そして、体調を崩す芸人は中堅に比較的多いのですが、その理由は、彼らが忙し過ぎるからです。最近は、なんとか視聴率を取ろうとし、トークがうまく、場慣れした中堅芸人に仕事が殺到しています。その分僕ら若手にはまったく仕事が来ないのですが…。僕ら若手は仕事がそんなにないので事務所からは何も言われませんが、中堅以上は『体調管理はしっかりしろ』と言われています」

 それでは、芸人を管理する側の事務所スタッフはこの状況をどう見ているのか? 芸人が多数所属する芸能事務所のマネージャーB氏が説明する。

 「例えば何かでグランプリを獲った芸人は、バブル期のように忙しそうですよ。あとは、芸歴を重ねた安定感のある芸人(15年以上)でも、何かをきっかけにとんでもなく忙しくなることもあります。いずれにせよ『代わりがいない』というのが一番問題になるのではないでしょうか? キャスティングされてる時点で、他の方ではなく、その芸人に期待されているわけですから、芸人側も多少体調が悪くても無理してでも働いてしまい、結果、入院するに至ってしまうのかもしれないです」

 B氏が担当する芸人は40歳前後が中心のため、無理にスケジュールを詰め込んだりしないようにしている。だが、時に1日に3つ以上の仕事が集中することもあり、そうなると芸人は心身両面で相当キツくなるようだ。事務所としては芸人の健康管理については「基本的にプライベートはノータッチ」の姿勢をとるものの、仕事に穴をあけないよう、点滴が必要なら病院を探したり、急な病気の時には付き添うなど最低限のケアはしているという。

 不況と番組制作費の減少により、忙しくなり過ぎた「視聴率が取れ、大物に比べギャラがそれほど高くない中堅芸人」たちの試練は続きそうだ。




[R25ニュース]より



 忙しいことが原因のようですね。過労は良くないですが、テレビに映ることこそが芸人さんの仕事ですから、忙しすぎるというのは贅沢な悩みかもしれません。大物になって仕事を選ぶことが出来る身分になれば、自分のペースを守ることが出来るのでしょうが、若手といわれる芸人さんに選択の余地はありませんものね。

nice!(0) 

5月末までに全面禁煙 島根県庁

 島根県は5月31日の「世界禁煙デー」までに県庁舎の全面禁煙を行うことを決めた。松江市の本庁舎のほか、合同庁舎などの喫煙室を撤去して屋外に移す。

 県は健康被害がある受動喫煙の防止対策として、平成15年11月から庁舎内に喫煙室を設けて分煙を実施。しかし、厚生労働省から昨年2月、公共的な空間では全面禁煙が望ましいとする通知があったほか、来庁者から「喫煙室から煙が出てくる」などの苦情が寄せられ、屋内の全面禁煙に踏み切ることにした。

 県人事課福利厚生室によると、本、分庁舎など63カ所のうち、すでに保健所、消防学校、県立美術館などは屋内が全面禁煙。5月31日までに随時、庁舎軒下や屋上、中庭などに代替喫煙所を設け、屋内を全面禁煙にするという。

 同室は「禁煙は全国的な流れ」として職員に理解を求めている。喫煙者の30代男性職員は「世の中の流れなら仕方がない。これを機に禁煙を考えたい」と話す。



[産経新聞ニュース]より



 タバコの値上げで、禁煙の話が増えてきましたね。あれほどヘビースモーカーだったというような人が意外に頑張って禁煙に挑戦しています。挫折している人もいるようですが、ここまで真剣に禁煙に挑戦する時代はなかったのではないでしょうか?



ホワイティシモ 通販
nice!(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。