So-net無料ブログ作成
検索選択
健康ニュース ブログトップ
前の10件 | -

新型ワクチン接種は医療従事者が最優先 [健康ニュース]

 厚生労働省は9月4日、新型インフルエンザワクチン接種の優先順位の素案を明らかにした。救急隊も含めたインフル患者の診療を行う医療従事者、妊婦及び基礎疾患(持病)を持つ人(この中でも1歳以上未就学の小児を優先)、1歳―就学前の小児、1歳未満の小児の親の順に優先的に接種。優先接種対象者の約1900万人と、重症化のリスクがある小中高生と基礎疾患を持たない高齢者(65歳以上)の約3500万人を合わせた約5400万人に対し、年度内に接種するとしている。同省では6日から13日正午までパブリックコメントを募集し、専門家らの意見も踏まえた上で、月内に方針を決める。

 4日に開かれた記者会見で、同省健康局の正林督章・新型インフルエンザ対策推進室長は、国産のワクチンの確保について、来年3月までに約1800万人分(1mlバイアルの場合。14歳以上1回0.5mlバイアル)の出荷が可能だとの見解を示した。同省では当初、年度内に2200万-3000万人分を確保できるとしていたが、ワクチンの増殖性などを勘案して下方修正した。ただ、効率的に接種できるように、今後、1mlバイアルと10mlバイアルの製造割合を決めるとしており、生産量が変動する可能性もある。現時点では10月下旬以降に順次出荷される見通しで、優先対象者から接種する。

 一方、輸入ワクチンについて、厚労省側は海外メーカー2社と「現在、交渉している」としており、早ければ12月下旬以降に使用できる見通しだ。その場合、重症化の可能性のある小中高生と基礎疾患を持たない高齢者への接種を想定している。


[Yahoo!ニュース]より


 ワクチンの絶対数が足りない現状では、この判断は妥当なものといえそうです。心配なのは輸入ワクチンの方で、臨床試験も行わず利用を開始すると聞きました。これで副作用の問題など、新たな心配が生まれなければいいのですが・・・。
nice!(0) 

葉酸入りかりんとう開発 [健康ニュース]

 食を通じた健康作りを支えようと、埼玉県坂戸市と歯科医師らによる市民団体が、認知症などの予防に効くとされる「葉酸」を加えたかりんとうを開発した。

 名付けて「さかど葉酸 かムりんとう」。市役所などで1袋100円(45グラム入り)で販売中。「かむ」をテーマに、虫歯菌を減らすキシリトールを使うなど、歯の健康にも気を配ったお菓子だ。

 製作にかかわったのは、市健康政策課と、市のボランティア団体「市民みんなの健康づくりサポーター 元気にし隊」に所属する大学の歯科医師や歯科衛生士ら。

 市では2006年から葉酸の摂取を促す「葉酸プロジェクト」を展開し、大学や食品会社と協力して葉酸入りのパンなどを製品化してきた。今回は、葉酸を使い、歯も丈夫にする食品はないかと考えた末、「かまないと食べられない、かりんとう」に注目。08年5月から開発を進めてきた。

 完成した「かムりんとう」は、坂戸市産の小麦にキシリトールを加え、控えめな甘さと、かりかりとした食感が特徴。1袋で、厚生労働省が勧める成人1日当たりの葉酸摂取量(240マイクロ・グラム)の約4分の1を取ることができる。製造・販売は、市内の障害者就労支援施設「こすもす作業所」(坂戸市東坂戸)に依頼した。

 商品の開発にかかわった明海大歯学部の清水良昭准教授は「一般に良くかむことは認知症や虫歯の予防、ダイエットにつながる。かムりんとうは、かむのに適した食品で体にも良いが、あくまでお菓子なので食べ過ぎには注意」と話している。

 昼休み中の市役所や、こすもす作業所の併設店舗で販売している。問い合わせは、同作業所(049・277・8605)。


[読売新聞ニュース]より


 認知症の予防と歯の健康維持という両方に有効なお菓子だそうです。ダイエットにも繋がるというのは耳寄りな話かもしれません。ただし、お菓子なので食べ過ぎに注意だそうです。あしからず。
nice!(0) 

米でたばこ規制法成立 「マイルド」「ライト」の宣伝禁止 [健康ニュース]

 オバマ米大統領は22日、米上下両院で可決したたばこ規制法案に署名し、同法は成立した。たばこの製造・販売・広告に対する大幅な規制権限を食品医薬品局(FDA)に付与するもので、たばこに含有されるニコチンの量を制限でき、若者を喫煙に引き付けるような風味の添加も禁じられる。

 オバマ大統領はホワイトハウスでの署名の式典で、今後たばこメーカーが若者に製品を売り込むことが難しくなると指摘。「喫煙者の90%は18歳の誕生日またはそれ以前に喫煙を始めた。私もそうした10代のひとりだったので、習慣をやめることがいかに難しいか分かっている」と述べ、自らの喫煙への苦闘がまだ続いていることを示唆した。

 同法はこのほか、たばこの表示に「マイルド」や「ライト」、「低タール」といった健康被害が軽減されるような表現を禁止。主な読者が18歳未満の雑誌への広告を制限、学校や遊び場周辺での屋外広告も禁止する。米国では成人の喫煙率が約2割で、年間44万人がガンなど喫煙が関連した病気で死亡している。


[産経新聞ニュース]より


 タバコが身体に悪いことは喫煙者もわかっているのに、どうしてもやめられないのですね。禁煙・嫌煙の人たちにとっては、受動喫煙の問題もあるので、できることなら分煙を徹底するよりもきっぱりとやめてもらいたいのが本音です。喫煙者の気持ちがわからないわけではないのですが・・・。
nice!(0) 

新型インフルエンザ 簡易検査キットに限界 [健康ニュース]

 新型インフルエンザに感染していた東京神奈川の2人の女子高生は、機内検疫で実施された簡易検査で「陰性」反応が出たために入国していた。必死の機内検疫も、検査器具が抱える誤差率の前には、限界があることが明らかになった。

 簡易検査は、機内で発熱などが確認された人などに実施。咽頭(いんとう)や鼻腔(びくう)を綿棒でこすり、ぬぐい液を試薬と混ぜ、手のひらサイズの検査器具に入れる。10~15分程度で、インフルエンザがA型かB型か、あるいは陰性か、が分かる。

 A型で陽性反応が出れば、「新型ウイルス」「Aソ連型」「A香港型」への感染が示唆されたことになり、より詳しい遺伝子診断(PCR)を受けることになる。

 今回は2人の女子高生ともに発熱症状を訴えたために簡易検査を実施した。しかし、2人とも「陰性」の反応が出たうえに、筋肉痛など感染を疑わせる症状がなかったこともあって入国が許可されていた。

 厚労省などによると、インフルエンザは発症の2~3日後がウイルス排出のピーク。排出が少ない、感染初期や回復期では、簡易検査での検出は難しいケースがあるという。

 また、検疫では現在、異なるメーカー4社の器具が使われているが、A型の「陽性」を「陰性」と誤判定する率は、咽頭液の場合で5・9~19・4%、鼻腔液の場合で2・2%~5・7%とばらつきがある。

 機内検疫ではないが、神戸市保健所などが感染確定者43例について、簡易検査での陽性反応率を調べたところ、20例(46・5%)が陰性であったという報告もまとまっている。

 だが、検疫などの現場では、手間ひまがかからない簡易検査に頼らなければいけないのも事実。

 厚生労働省の江利川毅事務次官は21日の会見で、「キットには技術的限界があり、すり抜けはある」と限界を認めた上で、「熱のある人には(帰宅後に)発熱相談センターに電話するよう説明するなど、工夫は必要かもしれない」と述べている。
  

[産経新聞ニュース]より


 検査に限界があるのは残念ですが、検査相手が「新型インフルエンザ」という未知との戦いですから仕方がありません。感染者が広がることは、この狭い国土に押し込められて生活している日本人にとっては、当然のことであると思います。死亡者がでないことを祈るばかりです。
nice!(0) 

JT、国内3工場閉鎖へ [健康ニュース]

 日本たばこ産業(JT)は30日、2011年3月末までに国内3工場を閉鎖すると発表した。盛岡工場(岩手県盛岡市)と米子工場(鳥取県米子市)を10年3月末までに閉鎖し、小田原工場(神奈川県小田原市)を11年3月に閉じる。健康志向の高まりで国内たばこ市場が08年度までに10年連続で縮小する中、生産体制の見直しを決めた。閉鎖に伴いJTの国内工場は6工場となり、ピークの1985年(35工場)から約6分の1に縮小する。

 JTの国内9工場の08年度の生産数量は輸出分を含め約1800億本。ただ、09年度の国内販売量は前年度比4.6%減の1525億本と見込んでおり、過剰設備の解消に向け、工場閉鎖に踏み切る。対象となる3工場は、稼働から35年以上が経過し老朽化が進んでいるほか、国内の供給能力に対し生産量が5%以下のため閉鎖が妥当と判断した。

 国内たばこ生産に関与する従業員は約1700人程度とみられているが、今回の3工場には、このうち24%に相当する414人が従事。閉鎖後は、他工場への配置転換や希望退職を募るなどして対応する。工場の閉鎖費用は、他の合理化費用と合わせ10年3月期に特別損失として約260億円を計上する。

[Yahoo!ニュース]より

 健康志向のこの時代に、やはりたばこ産業は衰退しているということなのでしょうか?JT自体はタバコ以外の分野に活路を見いだしているようですが、やはり厳しいと言わざるを得ませんね。
nice!(0) 

健康を意識した日本茶飲料 [健康ニュース]

 新緑の季節となり、肌の露出も気になり出す時期ですね。そこで肥満予防に役立つとされるカテキンに注目してはいかがでしょうか?。飲料メーカー各社はカテキンの含有量を増やすなど、美容健康を意識した日本茶飲料の新製品を相次いで発売しています。

 日本コカ・コーラの「一(はじめ)茶花」は3月、茶の花を煮出して抽出した成分を2倍に増量し、茶の花には肥満予防に効果を発揮するという説があるサポニンが含まれています。

 キリンビバレッジのブレンド茶「潤る茶」も2月、コラーゲンを2倍に増やしたり、ミネラルを豊富に含むとされる海洋深層水を新たに加えたりするなど、美容に敏感な女性を意識して刷新したところ、発売後1か月で目標を4割上回る売れ行きだったそうです。





nice!(0) 

未熟児の出産率上昇は女性の「痩せ願望」が原因 [健康ニュース]

 世界的に見ても日本の若い女性は「痩せすぎ」――こんな研究結果が出されたそうです。「痩せ願望」があまりに強い結果らしいのですが、ことはそれだけでは収まらないようです。最近では痩せた妊婦が増え、そのせいで未熟児の出産率が高まっているというのです。

 日本人女性の痩せすぎについて調査したのは、筑波大学大学院の曽根博仁教授が担当する研究チームです。BMI(ボディマス指数)と呼ばれる、世界共通の「肥満度」を示す指数に着目したのですが、BMIは体重を身長(メートル)の2乗で割った数で、日本肥満学会は標準値を22としています。調査では、アメリカ韓国の数値と比較しています。

 それによると、アメリカの男女性、日本男性、韓国男性は、10歳以降は成長と共にBMIも増えました。BMIの数値は6歳以降、年齢とともに増加するのが一般的ですが、韓国女性は、18歳頃にBMIの増加が止まり、20代は横ばいだったそうです。そんな中、日本女に限っては15歳ごろにBMIの増加が止まり、20代は年齢とともに減少に転じたというのです。つまり、日本の若い女性は世界的に見ても「痩せすぎ」ということですね。

 痩せている方がよいという意識から、医学的に見て全然太っていない標準体型の女性がダイエットしてしまう……こうした女性が少なくないのでは、と見る曽根教授は「この結果は心配だ」と話します。

 曽根教授によると、若い日本女性が「痩せすぎ」は以前から指摘されていました。しかし、世界的な傾向なのか、時代的な傾向なのか、詳細なデータはこれまでなかったようです。なお、この研究結果はアメリカの疫学誌「エピデミオロジー」の5月号に掲載予定だそうです。


 しかも、こうした「痩せ願望」の影響が、若い妊婦にも及んでいるといいます。日本助産師会の市川香織さんは、「たしかにここ数年、痩せた妊婦さんは増えており、問題となっています」と明かします。妊婦が痩せている場合、2500グラム未満の「低出生体重児」を出産するリスクが高くなるのです。

 実際、「低出生体重児」は増加傾向にあり、厚生労働省発表の人口動態統計によると、1990年の全出生数に対する低出生体重児は6.3%だったが、2004年には9.4%に上昇しているのだというのです。

 市川さんによると、もともとBMIが低い女性が多いからだということです。そのため、妊婦となった後も体重が思うように増えず、早産して低体重の新生児を出産する可能性が高くなるようです。低体重の新生児は将来太りやすく、生活習慣病にもかかりやすいとも指摘されており、もはや、母親だけでなく次世代的な問題となっているのです。

 
nice!(0) 

毒ギョーザ事件 [健康ニュース]

 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国公安当局が、製造元「天洋食品」(河北省石家荘市)の冷凍庫に保管されていた製品について、包装した段ボール箱の外側から殺虫剤メタミドホスが注射器で注入されたとみて、北京の政府研究所で裏付け実験を進めていることが分かった。同社関係者が1日明らかにした。

 裏付け実験を実施しているのは中国国家品質監督検査検疫総局傘下の中国検査検疫科学研究院。工場の冷凍庫内と同じ温度条件で、ギョーザの入った段ボール箱の外側から注射針を刺してメタミドホスを注入し、ギョーザや包装袋への付着状況を調べている。

[毎日新聞ニュース]より

中国側は北京オリンピック前は、何かと表沙汰にしたくない雰囲気がありありでしたが、ようやくここにきて真相の解明に乗り出してきたのでしょうか?日本に責任を押しつけてきた時期もありましたが、はっきりさせていただきたいものですね。
nice!(0) 

グラクソ・スミスクライン、120カ国使用のぜんそく治療薬を日本発売 [健康ニュース]

英製薬大手グラクソ・スミスクラインの日本法人グラクソ・スミスクライン(GSK、東京都渋谷区)のマーク・デュノワイエ社長は22日、都内で会見し、ぜんそく治療薬「アドエア」の国内販売を開始したと発表した。医療用医薬品で世界第2位の販売高を誇る製品で、同社は医薬情報担当者(MR)1700人のうち、約4割の630人を呼吸器領域専任として、アドエアの普及を図り、中核事業に育成する方針だ。

 アドエアは吸入型で、1日2回使用。長時間にわたって気管支を拡張させる刺激薬と、炎症を抑えるステロイド剤を1度に吸入できるのが特徴。

 デュノワイエ社長は「ぜんそく患者がアドエアを服用することで、発作を意識しない通常の生活が可能となる」としている。

 海外では120カ国で使用されており、2006年の売上高は33億ポンド(約8150億円)で、1兆円を超えるファイザーの高脂血症薬「リピトール」に次ぐ規模という。

【フジサンケイビジネスアイより】

<PR>

呼吸器科


大塚食品 / 糖尿病・肥満症に効く特別用途用食品「マンナンヒカリ」の売上高が7億円に [健康ニュース]

大塚食品(株)(本社東京都千代田区、中井吉人社長)の扱う特別用途食品「マンナンヒカリ」の売上高が、業務用を含めて年間7億円に達している。販路は、スーパードラッグストア。業務用は、病院や福祉施設の給食、他社食品メーカーに採用されている。また海外への展開も行っている。なお、同製品は、オリコンの「2600人が選んだダイエット食品満足度ランキング」で8位にランキングされている。

 同製品は、特別用途用食品(病者用食品)の低カロリー食品として「糖尿病・肥満症などでカロリー制限の必要な方に」という表示をすることを許可されているコンニャク加工食品。水を含むと膨潤し満腹感が得られ、“食物繊維”を豊富に含むコンニャクを精製することで臭みを取り除き、さらにやはり水を含んで膨潤するでんぷんを加え満腹感を高め、白い米粒状にしたもの。同製品を米の代替品として米と混ぜて炊くことで、カロリーを33~50%カットし、100g中27.5g含有する“食物繊維”で便通を促す。カロリーのカット率は米との配合比率により異なる。さらに岐阜市立女子短期大学が行った臨床試験では、血糖値の上昇を抑える効果があることが分かっている。血糖値が上昇すると“インスリン”の分泌が活発になるが、“インスリン”が急激に分泌されると太りやすくなるといわれている。

 病院の栄養士の記録によれば、同製品の使用により120kgの肥満症の患者が3ヵ月で100kgまで痩せたケースもあるという。またダイエット成功者を取り上げるTV番組で同製品を使用していたと紹介されることも多々あるとしている。

 見た目も炊くと普通の米と同様で、味わいも医療法人 新都市医療研究会 君津会 南大和病院栄養科が行った「官能調査」によれば「おいしい」(68%)、「ふつう」(20%)と合わせて9割近くになっており、普通の米と違和感がないため、高い継続性が期待できる。普通の米と同様、冷凍・解凍も可能。

税込み価格は75g・210円、75g×7袋入り・1050円。

 なお、マンナンヒカリは同社が2月に発売したおかゆシリーズ「ReSOLA」にも一部採用されている。

【健康美容EXPOより】

<PR>

ビリーズブートキャンプ  ダンディハウス


前の10件 | - 健康ニュース ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。